2019年6月

玄関幕(紫) 丸に梅鉢 テトロンちりめん 440×91㎝  

2019年6月30日 by sporder

?

ブログNo.3011
玄関幕(紫) 丸に梅鉢 テトロンちりめん 440×91㎝  

玄関幕を制作しました。 

神殿の玄関に设えられます。 

幅440cm丈91㎝、生地は厚みがあり质感の高いテトロンちりめんです。  

浓い紫色に染め上げた上に、
丸に梅鉢纹を2か所白抜きしております。 

幕には、明るい紫の幕房(扬巻房8寸)と
三色巻きの幕纽(白青黒)をご用意いたしました。

?

?

?

御额(神额) 1尺

2019年6月29日 by sporder

ブログNo.3010
御额(神额) 1尺  

御额(神额)を制作しました。 

鸟居上部に据えられます。

幅7寸(约21㎝)高さ1尺(约30㎝)材质は栓材です。 

文字は雕り上げたうえに黒色を施し、内枠と縁は金色で仕上げました。  
(文字色は、黒色以外に、赤色、金色を承ります。)

金の縁に、黒色の文字が立体的にくっきりと际立ち、
格调高い御额(神额)に仕上がりました。

?

八脚案 桧 90×27×75㎝ 脚の间隔:狭

2019年6月28日 by sporder

ブログNo.3009?
八脚案 桧 90×27×75㎝ 脚の间隔:狭

八脚案を制作しました。 

ご家庭の神床に、ご神馔用の案として设えられます。

幅90㎝奥行27㎝高さ75㎝、材质は桧材です。

ご指定により、左右の脚を5㎝ずつ内侧に入れ、
通常の寸法より脚の间隔を狭く仕上げました。

?

舟型侍乌帽子

2019年6月27日 by sporder

ブログNo.3008??
舟型侍乌帽子 

舟形侍乌帽子を制作しました。 

御祭典の际にお召しになります。 

和纸张りの下地に、黒漆で仕上げた侍乌帽子は、
漆でしっかりと固められておりますので、
軽量でありながら适度な强度を保っております。

制作はすべて职人の手仕事で、
古きから伝わる伝统の工法で一头ずつ丁宁に仕上がられます。

菰 イ草 38cm ×4尺

2019年6月26日 by sporder

ブログNo.3007  
菰 イ草 38cm ×4尺?

菰をご用意いたしました。 

御祭典にご使用されます。 

幅38㎝丈4尺(约123㎝)、材质はイ草制です。 

通常菰は、幅が3尺(约91㎝)、4尺(约121㎝)、5尺(约181㎝)、6尺(约182cm)がございますが、

ご指定寸法に裁断、又はお仕立てさせていただいております。 

他の素材として、菰草で编み上げた真菰もお取り扱いしております。

膳(足付折敷)9寸 吉野桧制 低型 (総高さ8㎝) 

2019年6月25日 by sporder

?

ブログNo.3006?
膳(足付折敷)9寸 吉野桧制 低型 (総高さ8㎝) 

膳(足付折敷)を制作しました。 

御祭典に参列された氏子の方々が、
直会の际の膳としてご使用されます。 

折敷の幅が9寸(约27㎝) 高さは标准の御品より抑えて、
総高さ8㎝に仕上げております。 

材质は、吉野桧制です。

神に供されたご神馔を、氏子全员が一堂に会して分かち合うことは、
地域のコミュニティを育むうえでも大切なことで、
村の大切なしきたりとして、大切に守られております。

御帘 一本返し编み 白纹雅8釜 より房 230×94㎝(63巻上)

2019年6月24日 by sporder

ブログNo.3005
御帘 一本返し编み 白纹雅8釜 より房 230×94㎝(63巻上)

御帘をお仕立てしました。 

神殿内阵に设えられます。 

幅230㎝丈94㎝、竹は反りの出にくい绵糸一本返し编み、
布は赤地白纹(丸に梅鉢)雅8釜、
房はより房2段染です。

裾にはパイプを巻き込んで质感を高め、
63㎝に巻き上げることができるように、
房纽の长さを调整しております。

山の辺の道 水无月の早朝 

2019年6月23日 by sporder

ブログNo.3004?

山の辺の道 水无月の早朝 
水无月 早朝の山の辺の道です。 

田植えが终わり、水田に植えられた早苗の水面に、

大和青垣の山々が映り込んでおります。 

野鸟や蛙の鸣き声が一瞬止まる时があり、
无音の状态がこのまま続いていくような、
幻想的な感覚になります。

桐箱 ヤロウ盖   内寸 30×25×13㎝ 

2019年6月22日 by sporder

?

ブログNo.3003 
桐箱 ヤロウ盖   内寸 30×25×13㎝ 

桐箱を制作しました。 

内寸の幅30㎝、奥行25㎝、深さ13㎝、
材质は総桐制です。 

盖は気密性の高いヤロウ盖で、
盖の上部はご指定によりフラットで仕上げました。

?

御帘 绵一本返し编み 赤地金纹8釜 雅 160×94㎝

2019年6月21日 by sporder

ブログNo.3002 
御帘 绵一本返し编み 赤地金纹8釜 雅 160×94㎝ 

御帘をお仕立てしました。 

神殿内阵の三枚割の中御帘として设えます。 

竹は绵糸一本返し编み、
布は赤地金纹雅8釜、
房はより房2段染です。  

金色の梅鉢纹が浮き出て见える『雅』の布は质感が高く、
二段染のより房と组み合わせることにより、
一层格调高く见えます。

?