2013年1月

神坛 二社仕様 上部総木曽桧制 2-2 

2013年1月31日 by sporder

bettyuu942-12942神坛 二社仕様 上部総木曽桧制 2-2 

昨日のブログNo.941 の続きです。 

内部の扉は、御霊様(向かって左)よりも、
神様の御扉(向かって右侧)を少し大きくしております。 

扉金具は打ち挂け付きの本金メッキで、
扉里には赤地と緑地の御帘を设えております。 

一番奥には、繧繝縁の厚畳(ブログNo.936)を设えました。 

祭典の际には、 神坛とは别途に 総木曽桧制の八脚案(ブログNo.940)
神坛の前に据えるかたちになります。

bettyuu942-14bettyuu942-15bettyuu942-16

神坛 二社仕様 上部総木曽桧制 2-1  

2013年1月30日 by sporder

bettyuu941-3839神坛 二社仕様 上部総木曽桧制 2-1   

神坛を制作しました。
 
神様と御霊様(ご先祖様)をお祀りになる
二社仕様(二枚扉)です。

寸法は、 86×62.5×176cm(幅×奥行×高さ)、
上段はすべて木曽桧材を使用し、
下段は枠组みが木曽桧、板部分は桧调の合板を使用しました。 

御帘(ブログNo.839)は正绢の本倭锦を设えました。 

総木曽桧の柔らかな色合いに、紫房の御帘がアクセントになり、
神々しさが感じられる神坛に仕上がりました。

bettyuu941-1bettyuu941-2bettyuu941-4

八脚案(神馔台、八足台) 総木曽桧制 80×21×80cm(幅×奥行×高) 

2013年1月29日 by sporder

bettyuu940-4940
八脚案(神馔台、八足台) 総木曽桧制 80×21×80cm(幅×奥行×高) 

八脚案を制作しました。 

ご家庭でお祀りされる神坛の前に设えられるものです。

神坛の前に钓り合うように、 
幅80cm、奥行21cm、高さ80cmで仕上げております。

木曽桧の八脚案の标准仕様は、
天板が木曽桧材で、脚部は吉野桧材を使用しますが、
今回は天板と脚部をすべて木曽桧を使用しました。 

天板と脚の色合いが揃った、 穏やかさを感じる案に仕上がりました。

bettyuu940-1bettyuu940-3bettyuu940-2

御帘(神坛用) 正绢倭锦(赤地) より房平头(紫)

2013年1月28日 by sporder

bettyuu939-3939
御帘(神坛用) 正绢倭锦(赤地) より房平头(紫)  

御帘をお仕立てしました。  

神坛に设えるもので、 寸法は78×20cm(幅×丈)、
竹は绵糸表编み、布は正绢倭锦(赤)、
房は紫一色ののより房(江戸打ち纽) です。 

赤地の正绢倭锦に、紫一色の房の组み合わせは、
二段染めや三段染めとは违った趣があります。

bettyuu939-1bettyuu939-2

本漆涂り 黒涂り三方(三宝) 8寸

2013年1月27日 by sporder

bettyuu938-2938本漆涂り 黒涂り三方(三宝) 8寸   

黒涂りの三方(三宝)を御用意しました。 

御神前に御供えされるもので、寸法は八寸(24㎝) 、
涂りは本漆仕上げです。
 (涂三方は、黒色以外にも朱色がございます。) 

白木の八脚案に、
黒の本漆で仕上げられた三方が设えられたさまを想像すると、 
神々しくも重みのある雰囲気になるように思います。

bettyuu938-1bettyuu938-5bettyuu938-6

太鼓涂り替え(片面) 直径2尺(约60cm) 本漆 本金仕上げ

2013年1月26日 by sporder

bettyuu937-4937
太鼓涂り替え(片面) 直径2尺(约60cm) 本漆 本金仕上げ    

太鼓を涂り替えました。
 

経年のご使用で、巴部分の金箔が剥がれ、 
黒い漆部分にひび割れが入り、一部下地が出ておりました。 

先日、涂师の若亲方と、太鼓の涂りについて话をする机会がありました。 

太鼓の涂りの中で、太鼓面は一番気を使う场所で、
厚く涂ると光沢は出ますが、ひび割れが入りやすく、 
薄いと割れにくいですが、光沢が出ないということで、
双方のバランスを取るのがとても难しいということです。

特に涂り替えの场合には、革が柔らかくなっているために、
その难度が格段に高くなります。
 

仕上がった太鼓を见ると、 周りを映し出す镜面のように见事な出来栄えですが、
その背景には职人の伝承の技があります。

bettyuu937-2bettyuu937-1

?

厚畳 (别注 神坛用)   

2013年1月25日 by sporder

bettyuu936-1936
厚畳 (别注 神坛用)   

厚畳を制作しました。 

别注で制作しております神坛の内部に设えるものです。 
寸法は42.5×17.5cm、34×17.5cm いづれも厚みは4cmです。  

朱?緑?青など 色鲜やかなラインに菱等の模様が入った繧繝縁は、
畳の縁の中で最も格式の高いものです。

bettyuu936-5bettyuu936-2

御帘 正绢本倭锦 红白二段染より房付き  

2013年1月24日 by sporder

bettyuu935-3935
御帘 正绢本倭锦 红白二段染より房付き  

御帘をお仕立てしました。 

ご家庭の神床に设えられるものです。 

竹は绵糸表编み、 布は正绢本倭锦、 房は红白二段染のより房です。  

御帘は巻き上げるられることないので、
裾を下げた状态で全体の钓り合いが取れるように、
房纽の长さを调整しております。

本倭锦の深い赤色に、
华やかな二段染のより房が调和しています。

bettyuu935-1bettyuu935-2

八脚案(神馔台?八足台) 木曽桧制 91×18×30cm  

2013年1月23日 by sporder

?bettyuu934-3934
八脚案(神馔台?八足台) 木曽桧制 91×18×30cm  

八脚案(神馔台?八足台)を制作しました。 

ご家庭の御神前に神馔用の台として设えられるものです。 

材质は木曽桧材で、幅91cm、奥行18cm、高さは30cmです。 

柔らかな色合いが特徴の木曽桧は、天然木のため 
仕上がった时の木目は全て异なります。

それぞれの木目が、唯一の自然の図柄と言えるでしょう。

bettyuu934-1bettyuu934-2

三方 吉野桧 8寸 脚部大寸

2013年1月22日 by sporder

bettyuu933-1933
三方 吉野桧 8寸 脚部大寸  

三方を制作しました。 

天幅8寸(约24cm)、材质は吉野桧制です。 

脚部は标准寸法よりも二回り大きいものをお付けしております。

脚部を大きくすることで、
どっしりとした落ち着きを感じるかたちに仕上がりました。 

薄い赤色のグラデーションが混じり、
艶やかな光沢のある吉野桧の三方は、
木曽桧の柾目三方とは违った美しさがあります。

bettyuu933-3bettyuu933-2