2012年4月

御帘 新倭锦(梅鉢纹入り) 切房付き(红白二段染)   

2012年4月30日 by sporder

696
御帘 新倭锦(梅鉢纹入り) 切房付き(红白二段染)   

御帘をお仕立てしました。

竹は绵糸表编み、布は梅鉢纹入りの新倭锦、
房は切房(红白二段染め)です。   

神殿に设えらる御帘のため、 全体のバランスを考えて、
房を标准よりひと回り大きくしております。 

铃绪 10尺 三色布巻

2012年4月29日 by sporder

695

铃绪 10尺 三色布巻 

铃绪(ブログNo.694)をお取付けしました。  

全长10尺(约3m)の三色巻き铃绪です。 

取り付けする位置が高いので、 
10尺が调度 拝殿に钓り合う长さです。 

新调の铃绪に合わせて、後背には新しい红白の布を下げられました。  

境内は桜が満开で、新调の铃绪と相まって、华やかな雰囲気です。

铃绪 10尺(3m) 三色布巻

2012年4月28日 by sporder

694
铃绪 10尺 三色布巻  

铃绪を制作しました。 

全长10尺(约3m)の长尺の铃绪で、
赤白绀の三色布巻です。 

六角桐枠の後面には、 ご奉纳される 6名のお嬢様方のお名前を
赤色で入れました。  

本麻の下垂れに赤色が入ることで、
三色巻きののアクセントになっています。

御帘 新倭锦 麻房三段染め 

2012年4月27日 by sporder

693
御帘 新倭锦 麻房三段染め   

御帘をお仕立てしました。 

ご家庭の神床に设えられるものです。 
竹は绵糸表编み、布は新倭锦、房は麻房三段染めです。  

全幅120cmで、丈は45cmに编み上げ、
下部にパイプを巻き込んで质感を高め、33cmに仕上げました。 

倭锦の小葵(こあおい)柄は、
立涌や浮线(ふせん)?云鹤?八つ藤等と同じく
有职文様を代表するもので、 
菱形の花と唐草状の叶が、规则正しく配されたかたちは、
现在のデザインでも通じる、优れたものであると思います。

三方 ?三宝 (吉野桧) 纹入り(丸に梅鉢) 

2012年4月26日 by sporder

三方(吉野桧) 纹入り(丸に梅鉢)  

正面に纹(丸に梅鉢)入りの三方を制作しました。 

三方は吉野桧制で、 寸法は7寸(约21㎝)と8寸(约24㎝)です。 

三方脚の正面は刳りを入れず、 
三方の寸法に合わせた纹を取り付けております。 

纹は一纹づつ仕上げる手雕りもできますが、
今回は制作数量が多数のため、レーザー加工で仕上げております。 

左右の刳りと纹が调和しているよう思います。

赛銭箱 修理

2012年4月25日 by sporder

691
赛銭箱 修理  

赛銭箱を修理しました。 

お预かりいたしました赛銭箱は、
引き出しの引き手面全体と、引き出し面上部の板が破损しておりました。 

上部板の破损个所を取り除き、 
新调の引き手面をその分高くしております。 

木工修理完成後、ニス引き涂装で仕上げました。 
(ブログ写真は、ニス引き前の状态です。)


御帘房 切房二段染め 7寸   

2012年4月24日 by sporder

690
御帘房 切房二段染め 7寸   

御帘房を制作しました。 
切房の红白二段染めで、房の寸法は7寸(约21cm) 
纽の长さはご指定寸法に仕上げました。

纽は、标准より太目のものを使用しております。 

红白の境目がむらなく、一线に揃うのは、
房职人熟练の技です。

平钓太鼓 1尺4寸 文字入れ

2012年4月23日 by sporder

689
平钓太鼓 1尺4寸  

平钓太鼓を制作しました。  

神社の祭事に御使用されるものです。

胴の奥行きが浅い平钓太鼓で、
胴の材质は栓材、直径は1尺4寸(约42cm)です。

 通常直径1尺4寸の平钓太鼓场合、一重鋲で仕上げますが、
今回は、二重鋲で仕上げています。


ニス仕上げの胴には、社名と年月日を黒色で入れました。

额 表装 白木枠 アクリル板入り

2012年4月22日 by sporder

688
额 表装 白木枠 アクリル板入り

额を表装しました。

お预かりしました本纸を表装し、
ご指定寸法の白木枠(桧材)に入れ、表に透明のアクリル板を入れました。

裂地は、赤の羽二重です。

浓い赤の裂地に、本纸と白木枠の白色が引き立っています。

菰 イ草制(いぐさ) 长尺寸法 

2012年4月21日 by sporder

687
菰 イ草制(イ菰) 长尺寸法

长尺の菰(イ草制)をお仕立てしました。

神殿に设えられるものです。

既制品は6尺×6尺(182cm角)が最大寸法となりますが、
今回は幅6尺で全长250cmの长尺寸法です。

新しい菰が敷かれることで、 神殿の雰囲気も新たになるように思います。