2010年6月

祭坛 御帘 御社 

2010年6月30日 by sporder

110

祭坛 御帘 御社

ご家庭でお祀りされる神具を纳入しました。
床の间に3段式の祭坛を设置し、御社等の神具をおさめました。
正面には、朱地小葵柄金糸入りの生地で、麻房三段染めの御帘とお取付けしました。
御帘は鈎を外すと 祭坛の下段まで下がる长さにお仕立しています。

厚畳(あつじょう)  

2010年6月29日 by sporder

109
厚畳(あつじょう)

厚畳を制作しました。
幅が3尺(约91cm)の大型のもので、縁は正绢繧繝の武田菱柄です。

柔らかな光沢の正绢に、朱?黄の色合いと控えめな菱柄が良く映えます。

御社(春日造り)

2010年6月28日 by sporder

108
御社(春日造り)

100年以上前の社と同寸法、同仕様とのご指定で、春日造りの御社を制作しました。
材质は吉野桧です。
千木?胜男木?高栏等がなく、正式な春日造り比べて とてもシンプルで强固な形状になっています。
これは 神社の当家の方が、1年づつ持ち回りされるので、移动の际损伤しないようにできたかたちでした。
扉の後には、胡蝶柄 紫の筋の戸
帐をお付けしました。

御帘房(赤より房)

2010年6月27日 by sporder

107

御帘房(赤より房)
赤一色の御帘房を制作しました。
普通御帘房は、白赤黒の三段染め 又は 红白の二段染めが多いのですが、 ご指定で赤一色にしました。

种类は、より房の二重头です。
赤一色の房と金具や房头の网目から见える金の色の取り合わせに、自己主张しすぎない美しさを感じます。

平太鼓(平钓太鼓)  鸟居台

2010年6月26日 by sporder

106

平太鼓(平钓太鼓)  鸟居台

平太鼓と鸟居台を制作しました。
太鼓の直径は1尺5寸(约45cm)です。
平太鼓で直径が大きくない场合、革を押さえる鋲は一重が多いのですが、今回は2重鋲でしっかりと押さえています。
隙间なく一定の间隔で鋲が打たれているところに 职人の熟练の技が见られます。

祝词袋 (白十六菊柄 云立涌地模様入り)

2010年6月25日 by sporder

105

祝词袋 (白十六菊柄 云立涌地模様入り)
菊柄の祝词袋を制作しました。
通常は、小葵柄で制作することが多いのですが、 菊の図柄が入ったものを というご指定があり 白の十六菊の生地で制作しました。
朱色の生地には 云立涌(くもたてわく)が地模様として织り込まれています。
立涌は、朝もやの霊気が立ち上る様を意匠化したもの との言い伝えがあり、晴れやかな朱地に神圣さを醸し出しています。

小忌衣(おみごろも) 

2010年6月24日 by sporder

小忌衣(おみごろも)

小忌衣を制作しました。
祭事の际に氏子様が着用されるということで、白绫地の生地でお仕立し、襟には社名を入れました。
背中上部に社纹を入れることもありますが、今回は无地です。
饰り纽も白で、纯粋无垢な色合いに仕上がりました。?

赤布団

2010年6月23日 by sporder

103

赤布団

赤布団を制作しました。
生地は正绢の羽二重です。
御神体をすえられる台座の厚畳の上に敷かれます。
赤のほかに 白生地で制作することもございます。
羽二重のしなやかな赤色が绮丽です。

高张提灯

2010年6月22日 by sporder

102
高张提灯

高张提灯を制作しました。
寸法は1尺4寸(直径约40cm)で、当店で一番よく御ag视讯124打法|HOMEいただく寸法です。
正面には立木瓜(たてもっこう)の社纹を大きく入れました。
底は开闭のできる底割れ仕様で、提灯全体に油を引いています。(油引き仕様)
里面の『氏子中』の文字は、きっちりとした楷书で书かれており、提灯全体が引き缔まります。

瓶子水切台(御神酒入水切台)

2010年6月21日 by sporder

101

瓶子水切台(御神酒入水切台)
瓶子(御神酒入)を伏せて乾かす台を制作しました。
材质は、吉野桧材です。 以前よりご使用されていたものと同仕様、同寸法で というご指定を受けおつくりいたしました。
锖びが出ないようにステンレスの钉を使用しております。